ホーム » 企業情報 » 健康経営方針

企業情報

健康経営方針

健康経営宣言

西日本高速道路エンジニアリング四国株式会社は、従業員が心身ともに明るく元気に働ける職場づくりと、従業員エンゲージメントの高い会社づくりのために、健康経営を積極的に推進します。


健康経営推進体制

経営トップが健康経営最高責任者となり、総務部担当取締役、総務部(事務局)が健康経営を推進します。
また、健康経営課題等について、産業医、健康保険組合及び安全衛生委員会等と連携を取りながら施策を実施していきます。



主な取り組み

1.健康診断の受診
法令に従い、定期健康診断受診率100%を目指します。

2.従業員の生活習慣改善を支援
生活習慣改善のため、健診結果に基づく保健指導及び特定保健指導を対象者全員が受けられるよう努めます。
また、健診結果で再検査、精密検査又は治療の必要があった場合、対象者全員に医療機関を受診するよう勧めます。

3.健康増進・食生活の改善等対策
健康増進・食生活の改善等対策のためのセミナーやイベントを実施します。

4.禁煙対策
受動喫煙、三次喫煙防止の取り組みを実施します。

5.感染症対策
インフルエンザ予防接種費用補助などにより、感染症対策をしやすい環境を整えます。

6.メンタルヘルスケア
・ストレスチェック実施率100%を目指します。
また、組織診断結果を分析し、働きやすい職場環境の形成に繋げます。
・従業員、管理職へのメンタルヘルス研修を実施します。

令和2年10月1日
                   西日本高速道路エンジニアリング四国株式会社
健康経営最高責任者
                    代表取締役社長 北田 正彦

このページのトップへ